Grow fast with effortless blogging & social media. Keep customers talking about you with smart blog and social media content from folks you trust. Always have something to say. Try It, It's Free Get Content Today Smart Content Marketing Easy Blogging & Social Media Insightful Analytics
You're awesome! Keep it up!
Oops. We had a problem scheduling your post. Please get in touch with us by clicking here to get help.
Oops. We had a problem removing your post from your schedule. Please get in touch with us by clicking here to get help.
Oops. We had a problem saving your introduction. Please save it somewhere safe and get in touch with us by clicking here to get help.
Oops. We had a problem saving your author selection. Please let us know what happened by clicking here to get help.
Oops. We had a problem subscribing you to the feed you selected. Please let us know what happened by clicking here to get help.
Oops. We had a problem requesting your subscription. Please let us know what happened by clicking here to get help.
Your subscription request has been sent to the feed owner.
Oops. We had a problem verifying your code. Please let us know what happened by clicking here to get help.
Code verified. You are now subscribed to the feed.
Your email and password have been updated successfully.
Oops. We had a problem updating your email and password. Please let us know what happened by clicking here to get help.
Your company name has been updated successfully.
Oops. We had a problem updating your company name. Please let us know what happened by clicking here to get help.
山田英生:糖尿病は万病の元
糖尿病の陰に潜む大病あり。   糖尿病のない人生に長寿あり。   万病の元 糖尿病    高齢化の進展とともに、増える一方の糖尿病。病状が進めば、人工透析や視力障害などに追い込まれ、最悪の場合は、動脈硬化から心臓病や脳卒中を引き起こす恐れもないとはいえません。こうした怖い合併症を避けるためには、食事療法や運動療法、薬物療法が不可欠です。特に食事療法ではカロリー制限と並んで大事なのが、血糖値の上昇を抑える食材選び。適度な運動を続けながら過食を避け、血糖値を抑える食品を積極的に摂れば、健康長寿を妨げる糖尿病を遠ざけることも可能です。老化と寿命研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(55)が糖尿病の怖さや、その予防のための効果的な食材選びなどについて語り合いました。 怖いのは3大合併  山田英生 高血圧と並んで近年、急速に増えているのが糖尿病ですが、厚生労働省によると、「糖尿病が強く疑われる人(糖尿病)」は890万人、その予備軍である「糖尿病の可能性を否定できない人」は1320万人で、合わせて2210万人にも上ります。年代別にみても、男性の場合、40代で2割、50代で3割、60代以上では4割が糖尿病とその予備軍とされています。(2007年国民健康・栄養調査)。糖尿病が多くの人に恐れられているのは、なぜですか。  白澤 糖尿病は、高血圧や脂質異常症などの慢性疾患と同様、それ自体が直接、生命を脅かすことは、多くはありません。し ... Read More →

山田英生:高血圧予防の方法
高血圧予防は、  1に減塩、2に運動。  薬に頼るのは最後に   サイレントキラー 高血圧症の怖さ   がんに次いで亡くなる人が多い心臓病と脳卒中。その主な原因の一つとなるのが、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病といってもよいでしょう。特に血圧は、加齢とともに上昇し、「70歳を過ぎると7割以上が高血圧になる」ともいわれています。高血圧は自覚症状なしで進行するケースが多く、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こし、寝たきりや認知症につながることも少なくありません。気づいた時には手遅れにならないよう日ごろから食事や運動、喫煙などには十分注意する必要がありそうです。老化と寿命研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(55)が高血圧の怖さやその原因でもある塩分との上手な付き合い方などについて語り合いました。   動脈硬化に要注意   山田英生 加齢とともに増える病気といえば、認知症、骨粗しょう症、動脈硬化などが代表的な疾患ですよね。特に血管が老化し、弾力性が失われて動脈が硬くなったり、狭くなって血液の流れが滞る動脈硬化は、日本人の死因の2位、3位を占める心臓病や脳卒中を引き起こしやすく、特に注意しなければならない病気の一つといわれています。この動脈硬化と深く関わっているのが、高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病だそうですね。  白澤 そうです。心筋梗塞や脳卒中を引き起こす動脈硬化の危険因子となっている ... Read More →

山田英生:がんの原因は、毎日の生活の中に。
タバコに運動不足、ストレス。    がんの原因は、毎日の生活の中に。   がんにならないための生活習慣    サクセスフル・エイジング(健やかな老い)を目指す高齢者にとって、なりたくない病気の一つが、がんではないでしょうか。加齢とともに増える厄介なこの病気は、予防することが、最良のがん対策。最近の研究などから、がんの予防法もある程度は、わかってきました。この病気を防ぐには、がんになりやすい食生活を避ける一方、喫煙や肥満、過度のストレスなどの危険因子を取り除くことが大切です。老化と寿命研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授、白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(55)が、がんに影響を及ぼす喫煙やストレスなどについて語り合いました。   タバコ大国ニッポン   山田英生 健康長寿を目指す高齢者にとって、加齢とともに増えるがんは、実に「厄介な病気」ですよね。これまでのいろんな研究や調査などから、がんの原因は、食事が約30%、タバコが約30%、あとは感染症や運動不足、アルコールなどといわれています。何とがんの原因の約7割が食生活や喫煙、お酒など日ごろの生活習慣と深く関わっている、と聞きました。そうであれば、タバコをやめ、バランスのよい食生活や適度なお酒など、きちんとした生活習慣を心掛ければ、がんの多くは防げるのではないでしょうか。白澤 その通りです。特にタバコが問題ですね。タバコの煙には、4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち約200種類が有害物質です。 ... Read More →

山田英生-日本人の伝統的な食卓にありま、がんにならないための食生活
がん予防の答えは、 日本人の伝統的な食卓にあります。   がんにならないための食生活    年齢を重ねれば、誰でも心配になってくるのが、がんでしょう。日本人の2人に1人が罹る病気であり、高齢者であれば、いつ誰が発症しても不思議ではありません。命を脅かすがんにならないためには、どうすればよいのでしょうか。がんの原因の約30%は、食生活にあることが最近の研究で分かっています。がんを防ぐにはどのようなものを、どのように食べればよいのか。老化と長寿研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(55)が、がんを予防する食生活などについて語り合いました。   予防が一番のがん対策 山田英生 日本人の平均寿命が延びるのに伴って、がんが増えてきました。毎年、約70万人に近い人ががんになり、約35万人の方が亡くなられています。今や国民の約3人に1人ががんで亡くなる時代。がんは、誰でも罹る身近な病気と言ってもよいかも知れません。そんな怖いがんですが、その種類や部位によっては早期発見、早期治療をすれば、かなりの確率で治るとも言われています。 白澤 がんも、早期発見と早期治療によって治る確率が高まり、以前のような「不治の病」というイメージはなくなってきましたね。それでも依然、死亡原因の第1位であることには変わりありません。でも、がんの原因はこれまでの調査や研究のデータから「食生活」の影響が約30%、「喫煙」が約30%であることが分かっています。つ ... Read More →

山田英生(5):骨粗しょう症の寝たきりの予防
骨は、健康な人生を支える柱。 食事や運動で、カルシウムを 増やしましょう。   寝たきりの原因 骨粗しょう症  日本人の平均寿命が延び、「人生100年時代」も夢ではなくなってきました。その一方で増えているのが高齢者の寝たきりです。その引き金となっているのが、骨粗しょう症や運動器障害による転倒、骨折。自分らしく健やかに老いる健康長寿への秘訣は、長い老後をいかに元気に過ごすか、にあります。老化と寿命研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(54)が健康長寿の大敵、骨粗しょう症にならないための予防法や寝たきりにならないための介護予防などについて語り合いました。   骨折で寝たきりにも 山田英生 誰でも年をとると、足腰が弱くなり、ちょっとしたことでも転倒しやすくなります。加齢に伴う筋力の低下やバランス感覚の衰えが原因だと思いますが、高齢での転倒は、骨折につながりやすく、車いすや寝たきりの生活になりやすいので気をつけなければなりません。寝たきりになると脳の機能が低下し、認知症になるリスクも高くなります。そういった意味では、転倒が予防できれば、健康寿命を延ばすこともでき、高齢者のQOL(生活の質)を保つことも可能でしょう。こうした転倒、骨折も、骨粗しょう症が原因の一つだと言われていますが。 白澤 確かに骨粗しょう症の人は、骨折しやすくなりますね。たとえば、足をひねる、手をつく、時にはクシャミをするだけで骨折の引き金になることだって ... Read More →

認知症を防ぐ運動・生活習慣-山天英生
散歩も。趣味も。家事も。 認知症の予防法は、 生活の中に たくさんあります。   認知症を防ぐ運動・生活習慣    「いつまでも健康で自立した生活を送りたい」―。健康長寿は、すべての人の共通の願いです。そんな健康長寿の大敵となるのが認知症。今の段階では、まだ完全に治る病気ではありませんが、それでも栄養バランスのとれた食生活に加え、適度な運動をすれば、ある程度は予防できることがわかってきました。なぜ運動は認知症予防に有効なのか、どんな運動をどのくらいすればよいのか。老化と寿命研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(54)が認知症予防と運動との関係などについて語り合いました。   シミは脳にもできる 山田英生 最近、公園や街の中、川沿いの堤防などでウォーキングをする人をよく見かけるようになりました。特にご高齢の方が多いようです。やはり、健康を意識して歩いておられるのでしょう。今、日本人の平均寿命は、男性約79歳、女性約86歳と世界でもトップクラスの長寿を誇っていますが、健康で自立した生活ができる健康寿命は、男性73歳、女性78歳と平均寿命に比べ、6~8歳短くなっていると聞きました。やはり、要介護状態になって家族に迷惑はかけたくない、天寿を全うするまで元気に暮らしていたいと誰でも思いますよね。健康長寿の大敵となる認知症は、バランスのとれた食生活と適度な運動で、ある程度は予防できると言われていますが…。 白澤 私たちは、 ... Read More →

Loading